読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

weblog of key_amb

主にIT関連の技術メモ

メモ:ソフトウェアにキラキラネームを付けることの功罪について

ソフトウェア開発

あるソフトウェア・プロダクトを開発するにあたって、名前を決めたい。
次の2つの選択肢を考える。

  1. キラキラネームを付ける。
    • 神様の名前とか、古語とか、プロダクトの機能と紐付かない固有名詞っぽい名前
  2. 機能に即した名前を付ける。

…で、前者の後者に対する Pros/Cons を考える。

Pros

  • ネームスペースを作ることができる
  • (覚えれば)誤解が起こりにくそう
    • ググラビリティが上がる可能性が有る
  • 秘密の案件とかだったら、コードネームとしても使えそう
  • 開発者のモチベーションになる(?)
    • 「キラキラネームかっこいい!」と思う人もいるかも

Cons

  • 実際の機能とキラキラネームとの対応を覚えなければならない => 学習コスト、コミュニケーションコストが発生し得る
    • 数が増えると大変そう

その他の声

  • キラキラネームは、機能が明確でないモノに付けるのはよいのではないか。
    • Microservices の文脈でそれは起こり得ないはずなので、 Microservices の各サービスにキラキラネームを使うのは不適当ではないか。

雑感

  • キラキラしたやつ、数が多いとつらい
  • ググラビリティはちょっとした工夫で担保できそう(単語を組み合わせるとか、一部スペルを変えるとか)で、キラキラした名前をつける必要は必ずしもなさそう
  • わかりやすいのが一番。適度な長さの、実体に即した名前が無難ではないか。短すぎると、ググラビリティとか、困ることもありそう。