weblog of key_amb

主にIT関連の技術メモ

CentOS 5にVim7.3をインストール

CentOS 5の開発環境でNeoBundlerを使おうとしたら、動かなかった。
カッとなったので、参考記事を参考にVimをバージョンアップした。

1. 事前準備

ビルドに必要なパッケージをインストールしておく。

$ sudo yum install ncurses-devel

2. ソースをダウンロード & 展開

$ cd /usr/local/src
$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.3.tar.bz2
$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-extra.tar.gz
$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-lang.tar.gz
$ tar jxvf vim-7.3.tar.bz2
$ tar zxvf vim-7.2-extra.tar.gz
$ tar zxvf vim-7.2-lang.tar.gz

$ mv vim72 vim73/

参考記事ではこの後、パッチを適用して最新状態にしていたが、そこまでしなくてもいいかと思い、サボってしまった。

3. インストール

$ ./configure --enable-multibyte --with-features=huge --disable-selinux --prefix=/usr/local
$ sudo make
$ sudo make instlall

以上で、/usr/local/bin に vim-7.3 がインストールされる。

vimenvについて

vimenv っていうものがあって、rvm みたいにホームディレクトリに入れて、vimのバージョンを切り替えて使うことができるそうだ。
https://github.com/raa0121/vimenv

なんとこのリポジトリ、239人にforkされている。
こういうのあったらいいよね、とみんな思ってるってことだろう。

このブログ記事だとまだvim-buildはないということだったが、configureに--prefix=~/.vimenv/versions/${your_vim_name} をつけてやると、ちゃんと使えるようだ。

近い将来、vimenvを使うやり方が流行りそうな予感がする。