読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

weblog of key_amb

主にIT関連の技術メモ

Module::Installでモジュールを作ってみる

おそらくはそれさえも平凡な日々: CPANモジュールのパッケージングの歴史CPANモジュールのパッケージングの歴史があり、トレンドを知ることができる。

Module::Installには課題もありそうだが、現在は広く普及してて無難っぽい。
ので、手始めにこれを使ってみる。

ディレクトリ構成とか雛形を作ってくれるものがあるとありがたい。
Module::Starterを使えばできるようだ。
また、Module::Starter::PBPを使うと、いい感じの雛形を用意できるようだ。

cpanm Module::Starter
cpanm Module::Starter::PBP
perl -MModule::Starter::PBP=setup

最後のコマンドを実行すると、簡単に初期設定することができる。

で、任意のモジュールの雛形を作る。

module-starter --module Foo::Bar

実行するとFoo-Barディレクトリ以下に雛形が生成される。

Module::Installを使うには、Makefile.PLを以下のように変更する必要がある。

use strict;
use warnings;
use inc::Module::Install;

name 'Foo-Bar';
all_from 'lib/Foo/Bar.pm';

WriteAll;

コードを書いたら、以下でtarballを作成できる。

perl Makefile.PL
make dist